香水を付けすぎてしまった時どうしたらいい?【香水付けすぎ対処法】

スポンサーリンク
フレグランス

香水は女性の魅力をより引き出してくれるアイテム。

フワッと香るその瞬間に印象度がぐっと上がる。

香りのイメージが女性の雰囲気をより魅力的に演出してくれる。

 

お出かけ前の最後に仕上げに香水を付けることが多いと思うが

思いのほか間違えて香水を付けすぎてしまった!!!なんて時あったりしませんか?

思っている以上に香りが強く出すぎてしまい困ってしまった経験はないだろうか?

 

香水は数滴でもかなり香りがするので

付けすぎると匂いがきつくなってしまい香りのマナーとしてはNG。

 

もし香水を付けすぎてしまったらどうしたらいい?

 

そんな時焦らずにどうしたらいいのか香水をつけすぎたときの対処法をご紹介しよう。

 

香りのマナーを身に着けた女性はまた一つ磨かれた素敵な女性になれるから!

 

 

香水を付けすぎてしまった!そんな時の対処法

 

香水を付けすぎてしまった時の対処法はいくつかある。

自宅なのか?外出先なのか?

そのシーンに応じて臨機応変に対応できるようにいくつかの方法を知っておくといい。

 

まずは付けすぎてしまったときは慌てずに対処すること。

くれぐれも付けすぎのまま出かけたり人に会うことはやめよう。

 

付けすぎた香りは周りの人を不快に思わせてしまうことになりかねない。

大人の女性としていくつかの対処法を知っておくこと。

慌てずに対処できる心の余裕も一緒に持ち合わせて居よう。

洗える個所は石鹸で洗う

手首などの洗える箇所に香水をつけすぎてしまった場合は

水道水で手首を石鹸ですぐに流水で洗うこと。

水で洗い流すことにより付けすぎた香りが程よく落ち着く。

 

流水で石鹸をつけてお水よりもなるべく温かいお湯で洗う方がより効果的。

付けた香水が乾く前なら基本的に洗うことでうまく落ちるので大丈夫。

 

洗い流すのが一番効果的だがそれがどうしても無理な場合は

濡らしたタオルやウエットティッシュなどで水で匂いが消せるわけではないが応急処置として拭くとよい。

 

アルコールを含ませたコットンで拭く

洗っても香りが落ちない場合や水道で洗えない箇所であれば

アルコールを含んだものでふき取るのが効果的。

 

アルコールや消毒用エタノールをコットン(無い場合はティッシュ)に含ませたもので

香水をつけた部分に軽くポンポンと叩きながら拭き取ること。

 

香水の成分はアルコールに溶けやすいので香りを落とすことができる。

もしものためにアルコールや消毒用エタノールを常備しておくと安心。

 

アルコールで拭きとった後に石鹸で洗うとよりベスト。

 

消毒用アルコールなどスプレータイプの場合は吹き付けた後に

軽くティッシュなどで押さえると強い香水のにおいを抑えることができる。

 

重曹を使用してふき取る

重曹とぬるま湯を1:1の同量で合わせたら香水をつけた部分に塗り込む。

数分置いたらお湯で洗い流すことで付けすぎた香りが落ちつく。

 

スプレーで拭きかける場合は

スプレー容器に水200ccに大さじ一杯の重曹を溶かしスプレーするとよい。

 

酢+オイルで落とす

ホワイトビネガー(酢)とオイルを適量合わせコットンなどに含ませ

香水をつけた部分に軽く叩きながら塗りこむ。

その後石けんとお湯で流すと付けすぎた香りが落ち着く。

 

無香料のデオドラントシートなどを使用

アルコール配合のウェットティッシュや無香料のデオドラントシートなどがある場合は

アルコールも含まれているのでよく香りが消えて便利。

拭き取るときはゴシゴシせずに肌を傷めないように優しくふき取る事。

 

全身に香りがついている場合はお風呂で洗い流す

全身に香水をつけすぎてしまった場合。

体のいたるところからきつい香りがしてしまう場合には拭き取っていたのでは間に合わないので

お風呂で体を洗うのが一番良いだろう。

 

外出前で少しでも時間があるなら急ぎでシャワーを浴びて体を洗うと香りは確実に落ち着く。

 

洋服に香りがついてしまった場合

身に着けている洋服に付けすぎてしまった場合は洗濯をしない限りにおいを落とすことはできない。

一番良い方法はその服を脱いで別のコーデに着替えるのが一番簡単な方法。

 

もしも外出中であったりすぐに着替えることが出来ない場合には

無香料の消臭スプレーを吹きかけるとよい。

 

香り付きの消臭スプレーは香りが混ざり合って

さらに複雑な香りになってしまう可能性があるので無香料を使おう。

 

自宅で対応できる時には 水200mlと重曹大さじ1杯を合わせた重曹スプレーを作り

香りが気になる部分にスプレーをし風通しの良い場所で陰干し。

服の素材によってシミになる心配があるので目立たない部分で試してから対処しよう。

 

バケツに水と重曹をいれて水かぬるめのお湯に付け込んで洗濯するのも効果的。

服のにおいが取れない場合はクリーニング

服についた香水のにおいは洗濯をすれば取ることができるがどうしても取れない場合もある。

そんな時はクリーニングに出すのが一番安心。

 

また洗濯が難しいドレスやオシャレ着などに香水を付けすぎてしまった場合なども

クリーニングで専門の対処をしてもらおう。

隠れたところにほんのりと香る粋な香りの付け方

 

香水を付けすぎたときの対処が大変だな・・・と感じる人や

普段はほんのりつけるくらいがいいな・・・と思う人や

ちょっと変わった付け方がしてみたい・・・と思う人におススメの香水のつけ方がある。

 

隠れたところにほんのりと香るオシャレで粋なつけ方。

ワンランク上の大人の女性になれた気持ちになれる 素敵な香水のつけ方をお伝えしよう。

 

爪の裏

香水をつけるなら 爪の裏 がおすすめ。

 

コットンに香りを染み込ませて爪の内側につける。

爪に香水をつけると指先が動くたびに香りがふんわりと動き

何とも言えない魅力を感じることが出来る。

 

デートで手をつないだとき・・・

爪の裏にしのばせた香りが相手の手にほのかに残る・・・。

その残り香に気づいた彼はあなたの香りにドキッと心惹かれる事だろう。

 

ストッキングや靴下をはく前に足の爪にネイル香水をつけておくこともおススメ。

靴やブーツを脱いだ時の嫌な臭いを軽減することができる。

 

スカートの中と脚の内側

スカートの時のおススメのつけ方。

 

スカートの中にシュっと一吹き。そして脚の内側。

スカートが揺れるたびに下からフワッと立ち上がる香りで女性らしさをアピールできる。

 

とても粋で上品な色っぽい付け方。

 

上半身ではないので香りがきつく感じることがなくほんのりと香らせたいときにおススメ。

 

まとめ*香りの付けすぎに注意して好きな香りを楽しもう!

 

一番ベストな香りのつけ方は近寄った時にフワッと香るくらいの香り方。

 

ちょっと近づいたときにフッ・・・と香る印象に相手をドキッとさせるような

そんな魅力的な香りのつけ方が出来る大人の女性になれたら素敵。

 

ニオイが気になるからといって匂い消しのように香水を何度もつけるなんてことは絶対にNG!

必要以上に香りの重ね付けをしないよう気を付けよう。

 

動いてない状態で香りがプンプン香るのは完全に付けすぎ。

エレベーターや電車などの密室で匂いがこもらない程度の量がベスト。

 

自分が日頃どれくらいの量を使い、そんな香り方をするのか?知る事はとても大切。

香水は種類によって付ける量も違ってくるので、それによって香水の付け方も変えていこう。

 

それでも間違って付けすぎてしまったときには

スマートに対処できる香りのマナーを身に着けていると安心。

 

香りを自由にまとう大人の女性になる事は

あなたの魅力を格段にアップさせることになるから。

 

Lady Yuka Blog  レディ ユカ ブログ

 

コメント